佐藤真理フラメンコ教室
 
PROFILE
marisato

東京都荒川区西日暮里出身。

13歳よりクラッシックバレエを習い、高校時代は演劇に没頭。
東京都大会優勝、全国大会出場など、華々しいけれど過酷な学生生活を送る。
その後、モダンバレエ、ジャズダンスを経てフラメンコを鈴木能律子氏に師事。
まもなく鈴木氏のスタジオの代教講師となり、独立した現在も嘱託講師として在籍している。

日本フラメンコ協会・新人公演に2008年はバイレ・群舞部門に、2009年・2011年はバイレ・ソロ部門に出場。
2015年にバイレ群舞部門にて奨励賞受賞。

恵比寿サラ・アンダルーサ、西日暮里アルハムブラ、高円寺カサ・デ・エスペランサ等、都内タブラオ・レストランに定期出演している現役舞踊手だが、今の自分に満足することなく、稲田進氏にパルマ、テクニカ、振付を学び、ロシオ・ロメーロなど来日スペイン人アーティスト多数にも学ぶ。

隔年短期渡西し、セビージャにてラ・マルケシータに師事他、多数のアーティストからも指導を受け、常に今のフラメンコを探求し自身の研鑽に努めている。

2009年より地元・西日暮里でフラメンコ教室を主宰。

2011年、自主スタジオ(Estudio Azucar Mari)が完成。

日本フラメンコ協会・会員